ブリーダーの子犬販売「ぽちなび」トップ > 子犬を迎えてから > 不妊手術について

不妊手術について

不妊手術は必要?

ここでは犬を主体にご説明しましょう。効用は、猫もほとんど同様とお考えください。しばしば捨犬・捨猫に対して不妊手術をしてから里親を探す話を耳にされると思います。 それはいたずらに捨犬・捨猫を増やさないためでもあり、里親になっていただいた方に問題行動をとらないようにするためでもあります。 捨犬・捨猫の不妊手術に関しては、獣医さんの中にはお金をいただかないでやってくださる所もあります。

不妊手術の効果は?

① 病気からの予防効果
② 問題行動の予防
③ 発情期の突然的な行動予防


犬の死亡率の多い順番は癌、心疾患となっています。この二つで何と6割を超えています。
20年ほど前までは感染症が最も多かったのですが、最近では、感染症の死亡率は10%ほどに落ちてまいりました。ワクチンの義務付けによる効果です。人間と同じように寿命も一昔前は7・8年、今は15年以上が当たり前と延びてまいりました。これは、フードやサプリメントの普及、生活環境の改善、ワクチンの義務化、すぐに獣医に出向く傾向が強まった、などからです。まさに家族の一員として大切に育てられている結果だと思います。残念ながら癌にかかれば人間と同じで対処のしようがありません。しかし、不妊手術により癌にかかる確率が間違いなく激減するのです。高額の治療費が掛り、苦しむのを見て大切な家族を失うよりも事前の一策になると思います。癌の種類は違ってもオス・メス同様の効果があります。 二番目の心疾患もまた人間と同様ですが、糖尿病が起因しています。栄養価のあるフードの弊害でもあります。
次に問題行動 ですが、メスなら年2回訪れる発情期特有の問題行動を抑制します。食欲がなくなったり、突然吠えたり噛み付いたりと言うことも激減するのです。オスならマーキング、遠吠えの抑制効果があります。また、 発情期の突発的行動 とは、メスが発するフェロモンめがけてオスが突進するような問題行動を言います。春先にしばしば猫が交通事故に遭っているのを見た方も多いでしょう。オス猫が、周りに目もくれずメス猫の臭いに突進して交通事故に遭ってしまうのです。

不妊手術の時期と費用

【時期】

最初の発情期が訪れる前、 3ヶ月から6ヶ月頃がお薦めです。

【費用】

オスの去勢手術⇒15,000円~20,000円
メス不妊手術⇒25,000円~30,000円
※手術後に3日間程度の入院などが必要となります。合計すると 45,000円~50,000円 ほど。
※様々の効用を考えると割安であり、愛するパートナーに長生きのためにもぜひお薦めします。