ブリーダーの子犬販売「ぽちなび」トップ > 犬のしつけ特集

犬のしつけ特集

犬を初めて飼う方は必見の犬のしつけ特集!
気になる項目より各説明ページへお進みください!

犬のしつけについて

犬をしつけていく上で、一番大切なのは犬に対する愛情です。家族同然に愛情を注いで接していれば、自然に犬との信頼関係が築いていけます。飼い主に従順に応えてくれたときには優しくわが子のように褒めてあげましょう。
ときには厳しく本気で叱ることも愛情です。つづきを読む

犬の問題行動について

縄張りのためにあちこちに頻繁にオシッコするのもその一つですが、ムダ吠え、飛びつく、噛みつく、攻撃的、言うことを聞かないなどもこの問題行動です。
県や市の動物愛護センターで年間30万頭もの犬猫が殺処分されていますが、その一つの理由にこの問題行動もあります。つづきを読む

マーキングについて

多く見られる例
●外でのお散歩時に、電柱や塀のかどで必ず足をあげてしてしまう。
●知人の家の前で立ち話をしていると、庭の樹にマーキングをしている。
●時には、立っている人間にも何かと間違えてるのか、臭いを嗅いでマーキング。つづきを読む

ひっぱりぐせについて

散歩の時にリードを引っ張る犬のタイプ
●自分がボスだと思っている飼い主と犬の主従関係が逆転している為、主導権が犬にあります。従って、散歩時のリードを引っ張る行為は飼い主を従えて歩くという行為です。ボスという地位を確立していることだと思っています。つづきを読む

うなりぐせについて

【原因】 犬は日常生活の中で権力の順序をつけています。
犬が飼い主に対してうなったり噛みついたりするのは、自分のほうが順位が上と考え、権利を主張しているからです。こうした犬は、気に入らないことや嫌なことをされたときは、自分の権力が上だと主張してくるので、叱ってもうまくいきません。余計反撃してくるはずです。つづきを読む

拾い食いについて

多くみられる例
●ティッシュの箱から全部引き出してしまいます。一部は食べてしまっている
●散歩中はなんでもひとまず口に入れてみる
●食べたものを取ろうとして、毎回、家の中で追いかけっことなるつづきを読む

食糞について

多くみらる例
●糞をした後すぐ食べてしまう
●飼い主がいない間に食べてしまう
●自分の物だけではなく、散歩時に他の犬の糞も食べてしまうつづきを読む

マウンティングについて

多くみられる例
●発情期のメスにオスが行う生殖行動。
●オス・メス関係無く優位性を誇示する為に行う優位行動。
●遊び等で興奮して行う。つづきを読む

無駄吠えについて

多くみられる例
●来客やドアのチャイムなどで吠える
●要求に対して吠える(食事、散歩など)
●暇つぶしに吠えるつづきを読む