ブリーダーの子犬販売「ぽちなび」トップ > ペット保険

ペット保険

子犬は”命ある生き物”。100%完全な生き物はいません。
生まれて間もない子犬は病気になる確率も高く、また子犬をお届けした後で、
環境の変化などにより体調を崩す可能性も否定できません。

とくに新しく迎えたばかりの頃は、体調を崩しやすかったり、家族がどうぶつとの生活に慣れていないことで、ケガ・病気が増える、発見が遅れて症状が悪化しやすいといった傾向があります。先天性疾患のように避けられないケースもありますが、健康チェックをこまめに行う、適切なグルーミングを行う、予防措置をとる、抱っこの仕方を注意する、誤飲の原因を排除するなど、基本的な行動を見直すことで、回避できるトラブルもたくさんあります。

そのような万が一のトラブルに備え、「ぽちなび」では全ての子犬に2ヶ月間、
安心の健康・生命保障をお付けしております。

2ヶ月経過後もそのまま継続いただくこともできます。一緒に暮らしてゆく大切な家族の一員が健康に暮らせるようサポートさせていただきます。
補償内容/保険料

●風邪で通院(気管支炎の疑いあり)

総額医療費 19,530円自己負担額 9,765円

●膝蓋骨脱臼(パテラ)入院と手術

総額医療費 185,158円自己負担額 92,579円

●風邪で通院(気管支炎の疑いあり)

総額医療費 19,700円自己負担額 9,850円

※補償対象となる治療費に限ります。
※通院・入院・手術それぞれのお支払限度額およびお支払限度日数(回数)を超えないものとします。
※1回の入院から退院までを1入院とします。

対象となる犬猫が病死された場合、代わりの犬・猫をご提供

・生命保証は病死のみの適応となります。
・生命保証は代わりの犬・猫のご提供となり、金額保証はございません。
・生命保証の延長期間はお引き渡しから3年まで延長可。それ以降の健康保険の延長は10年まで可。

動物病院で受信

動物病院で治療を受け治療費の支払いを行ったら、FPC専用の【保険金請求書】を動物病院に記入してもらいます。
※【保険金請求書】のご持参をお忘れの場合は、病院発行の【明細付領収書】を必ずお受け取りください。

動物病院で受信

①【保険証券のコピー】が申請書類になります。【保険証券】を、そのままコピーしてください。

②「治療費請求記入欄」もしくは「保険金お振込先記入欄」に必要事項をもれなく正確にご記入ください。

動物病院で受信

動物病院から受け取った【保険金請求書】または【明細付領収書】の原本と、 必要事項をご記入いただいた【保険証券のコピー】を同封しFPCまで郵送してください。

動物病院で受信

保険金のお振り込み連絡や明細の発行はしておりません。
お手数ですが保険金支払い指定口座の通帳記入にてご確認ください。

※書類に不備があった場合は、保険金のお支払が遅れることがございます。
※【明細付領収書】はコピー不可です。必ず原本をお送りください。

お申込み方法は、ご契約時にご案内いたします