ブリーダーの子犬販売「ぽちなび」トップ > フレンチブルドッグ(フレブル)特集 > フレンチブルドッグ(フレブル)のカラー(毛色)一覧

フレンチブルドッグ(フレブル)のカラー(毛色)一覧

フレンチブルドッグ(フレブル)の子犬たち
短毛できめ細かくなめらかで美しい艶がある毛並(コート)を持つフレンチブルドッグ(フレブル)にはカラーは主に4種類があります。白系の「クリーム」、黒をベースに茶色やホワイトの差し毛が入った「ブリンドル」、白をベースにブリンドルあるいはフォーンの斑が頭部や体に入った「パイド」、茶系の「フォーン」となります。各々の毛色には濃淡があり、差し毛や斑(まだら)模様の入り方も様々でバリエーションは多彩です。
≪フレンチブルドッグ(フレブル)の代表色≫
■クリーム(クリーム色の単色)
フレンチブルドッグ(フレブル)の代表色 - クリーム(クリーム色の単色)
■フォーン(薄茶色がベースで顔が黒くなる)
フレンチブルドッグ(フレブル)の代表色 - フォーン(薄茶色がベースで顔が黒くなる)
■パイド(ホワイトがベースで黒い斑点が入る)
フレンチブルドッグ(フレブル)の代表色 - パイド(ホワイトがベースで黒い斑点が入る)
■ブリンドル(ブラックがベースで他色の差し毛が入る)
フレンチブルドッグ(フレブル)の代表色 - ブリンドル(ブラックがベースで他色の差し毛が入る)
上記四色を基本にして差し毛や色味の違いで呼び名の変わるカラーも存在します。
なかなかお目にかかれないカラーも多数あります。
フレンチブルドッグ(フレブル)の代表色 - クリーム・フォーン系
≪クリーム・フォーン系≫
・セーブル(黒っぽい茶色)
・マウス(グレー)
・コーヒー(こげ茶色)
・カフェオレ(薄いこげ茶色)
・レッド(赤茶色)
フレンチブルドッグ(フレブル)の代表色 - クリーム・フォーン系
≪パイド系≫
・ハニーパイド
 (ホワイトベースに蜜色)
・レモンパイド
 (ホワイトベースにベージュと蜜色のミックス色の斑)
フレンチブルドッグ(フレブル)の代表色 - クリーム・フォーン系
≪ブリンドル系≫
・ダークブリンドル
 (濃いブラック)
・ライトブリンドル
 (ブラックベースにシルバーの差し毛)
・ホワイトブリンドル
 (ブラックベースにホワイトの斑点)
・シルバーブリンドル
 (ほぼシルバー)
・マホガニーブリンドル
 (赤みのある茶色に黒縞)
あと公認カラーではありませんがブラウン、ブラックタンなどや
遺伝子的に望ましくないブルーブリンドルやブルーパイド、ティッキングパイドなども存在します。