ブリーダーの子犬販売「ぽちなび」トップ > 「ぽちなび」って? > 子犬の大切な社会化期

子犬の大切な社会化期

耳馴染のない「犬の社会化期」
子犬にとって大切なものなので簡単にご説明します。

子犬(子猫)の社会化期とは

子犬が人間や他の犬と生活していくにあたり、身に着けなければならない「社会化(社会性)」にとって大切な時期のことを言います。この時期を親犬や兄弟犬や飼い主から引き離されてしまうと社会性の低い犬となってしまい無駄吠えや甘噛みを繰り返す問題行動を引き起こします。子犬にとってとても大切な時期なのです。

【子犬の成長過程】

① 新生時期⇒0~2週

②移行期⇒2~3週

③ 社会化期⇒3~12週

④ 少年期⇒4ヶ月~1年


一般的に子犬を迎える(購入)時期は生後二ヵ月(約8週)くらいが多いのですが、これはちょうど社会化期にあたります。この時期に親犬や兄弟、飼い主(ブリーダー)と生活することで子犬はいろいろなことを学び、社会性を身に着けていくのです。この大切な時期に早期に親犬から引き離されたり、人間との接触のない子犬は良きパートナーになる可能性が薄くなり、「問題行動」をとる可能性が高くなります。


(例1)噛みついたり無駄吠えが多くなる
(例2)人間や他の犬との接触が少ない場合、孤立し非社会的になってしまう
(例3)過保護に育てた場合、自らを人間と思い込み躾が困難になり攻撃的になったり極度に物怖じしたり、性的な不能に陥るなど情緒不安定になる


これは犬の一生にとってどれも大変なことです。目に見えぬこの「時期」をいかに過ごさせてやるかはペット社会においてほかでもない人間の役割なのです。群れを作り生きてきた犬は、しかるべき社会性を与えることで人間の良きパートナーにもなり、家族の一員として幸せな生活を送れることができます。皆さんが子犬を迎えたときにはまだその社会化期にいることでしょう。 下記におすすめしたい子犬との付き合い方をまとめます。

社会化期にある子犬との付き合い方

① とにかくたくさん遊んであげてください! 遊びの中でルールやリーダーを学んでいきます。

② 甘噛みをしてきたら、「ダメだよ」と背中をなでるように制止し犬を後ろ向きにして胸と下あごを押さえてください。下あごを押さえられると噛むことができませんのでこれを繰り返すことで噛むことはなくなります。

③ 留守をするときはたくさんおもちゃを与えてください。

④ 家族の自然な会話で話しかけてあげてください

⑤ 良くできたときは褒めてあげてください


このように遊びや生活を通してスキンシップを取ることで、子犬は家庭内での自分の位置づけを知りリーダーを知るのです。愛情を持って育った子犬は好奇心旺盛で知能も発達します。成長と共に近所の人やテレビ、騒音、外の世界に馴染ませてあげてください。


お分かりいだだけましたでしょうか?子犬にとって大切な社会化期をしることで分かることはたくさんあります。日本では残念ながらペットショップで売られている子犬たちはこの社会化期導入時にオークションにかけられ業者の手に渡り、狭いケージの中で不特定多数の来店客の目にさらされています。眠っているとケージのガラスを叩かれて起こされたり、母親の愛情が必要な時期にひとりぼっちになって陳列されているのが現状です。私共では子犬の心身の健康を考え、引き渡しは少なくとも生後2ヶ月以降としております。